12, 11月 2015

いよいよ2名が脱退を決意

それから半年ぐらい経ってからでしょうか。生命保険代理店と言うのは世の中にはたくさんあります。基本的にはフルコミッションと言って成果があがった分の80%とか90%を報酬として渡す給与システムが普通でした。

僕の考え方が気に入らなかったのか、他の代理店と報酬の交渉を隠れてするようになったのです。僕の会社では保険会社から出るボーナスは無しで90%還元というそこそこ良い条件で報酬を支払っていました。

しかも経費は会社持ちが基本で。普通、保険募集人は個人事業主になりますので、経費は自分持ちなんですよね。僕としてもはじめての会社でしたので出来る限りの待遇をしていたつもりなんですが、営業って我が強いので扱いは難しいんですよ、ほんと。

結局、他の代理店に移りたいという事を言い出しました。

「ついに来たか・・・」

そろそろ来るかなって思っていたのでビックリはしませんでしたが、正直3名の会社で僕以外の2名が抜ける。しかも生命保険代理店と言う事で、これはもう壊滅状態と同じなんです。

生命保険代理店と言うのは、乗り合い代理店といって複数の保険会社を扱えるように契約をしています。それぞれノルマがあって、ノルマが達成出来ないとその保険会社は取り扱う事が出来なくなってしまうのです。

僕の会社では3名で5社に乗りあっていたので、既にギリギリの状態ではありました。保険会社のノルマをクリアするのが限界だったんです。ここで2名が抜ける。そうなると、事実上、保険代理店を継続する事は新しい人材を入れない限り無理と言う事になってしまうのです。

もちろん新しい人材には僕も声をかけていました。ただ先ほども言ったように保険代理店は星の数ほどあります。そんな簡単に僕のところみたいな小さい代理店には来てくれないものなんです。

そこからいろいろと2名とは話し合いをする事にしました。