12, 11月 2015

経費処理など経理はそっちのけ

営業3名だけの会社って勢いと売上を上げる力はすごいのですが、めっぽう経理とかきちんとしないといけない部分はルーズなものです。頭の中では契約をとれば良いんでしょ?という考えしかないからです。

まーこれでも良いといえば良いのですが、実際月末に税理士に締めてもらうんですが、この時の荒れた経費の使い方に結構文句を言われたものです。

そりゃそうですよね、ほとんどが飲み代なんで。これは僕にも言える事で、いろんな人と出会うのが仕事みたいなところがあるので、仲良くなるためにはお酒を一緒に飲む!これがモットーみたいなところもありました。税理士からすれば、いつまでもこんな事をやっていたら会社にお金は残りませんよ?と口をすっぱくするぐらい言われていましたね~

でも、それ以上に売上を上げるから心配しなさんなって言ってました。

そしてこんな生活をしながら2年目に突入して、相変わらず売上だけは上がっていきました。それはすごい事だと今でも思います。でも僕としては社長業もしなくてはいけないし、税理士が言っていることも確かに、と思うところもあったので、ある日他の2名と会議をしたのです。

今までやった事もない会議を。会議の内容としては、もう少し接待交際費を少なくしよう!というのが主な内容でした。

その瞬間から他の2名は、売上が上がっているのに経費は使うなって事?そんなの出来るわけないじゃん。

こんな感じで食いついてきましたね~。別に経費を使うなって言っているわけじゃない。ただ少しでも抑える意味で無駄な経費は抑えようよと言ったつもりだったのです。

でも伝わらなかったですね~。会議をしたタイミングも悪かったのかな。

ただこの時点では、会社にお金は残っておらず、その日暮らしのようにして会社が運営されている事を他の2名は知らなかったんです。生命保険代理店にはよくある事なんですが、在庫も必要ないし、変な話、唯一必要なのは交際費ぐらいなんです。

事務所も形上あれば良いですし、あとはネット環境とコピー、電話、ファックスぐらい。これで出来てしまうのが生命保険代理店業なのです。その唯一の経費に文句を付けられたので他の2名としては面白くなかったんでしょうね~

それから少しずつ2名とは距離が出来るようになってきたのです。